【速報】スポーツ 情報局 | 最新情報 口コミ情報

スポーツ 情報局では、「スポーツ」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 1年 」 一覧

no image

五輪延期 「楽しみが1年延びた」 聖火ランナーら前向く /三重

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今夏の東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まったことで、県内で4月8、9の両日に行われる予定だった聖火リレーも延期となった。ランナーたちは「楽しみが1年延びたと考える」「練習は続ける」など、事態を前向きに捉えようとして ……

no image

五輪延期なら2021年の世界陸上選手権も日程変更の意向 世界陸連

ニューヨーク=上塚真由】世界陸連は23日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で7月開催の東京五輪が1年延期された場合、競技日程が重なる2021年の陸上世界選手権(米オレゴン州)を延期する意向を明らかにした。ロイター通信が報じた。 世界陸連はすでに、陸上世界 ……

no image

五輪・パラ、1年延期で経済損失6408億円…中止なら4兆5151億円

関西大の宮本勝浩名誉教授の試算によると、東京五輪・パラリンピック大会が1年延期された場合の経済損失は約6408億円に上る。 具体的には、競技場や選手村、関連施設の維持や管理、清掃、修理などにかかる費用が増えたり、競技種目によっては選考会をやり直したり ……

no image

張本勲氏、東京五輪は「1年延ばしてもいい」 今夏の開催は「危険」

野球評論家の張本勲氏(79)が15日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に出演。新型コロナウイルスの感染拡大で開催への影響が懸念される東京五輪について「1年延ばしてもいい」と開催延期を提案した。 番組では今夏の五輪開催 ……

no image

県岐阜商の挑戦 選手紹介/3 1、2年生捕手 上下関係なく楽しい /岐阜

後藤央典(2年) 県岐阜商でセンバツを経験した兄・隼弥さん(24)の背中を追って入部した。打撃を買われ、代打として出場することも。「中学の頃は太っていたが、練習で、制服が合わないくらい痩せたのがうれしい」と喜ぶ。 酒向力生(1年) 「レベルの高い環境に行きたい」と入部 ……

no image

J2あす開幕 松本山雅はアウェーで愛媛戦

サッカー明治安田J2は23日に開幕し、各地で第1節11試合を行う。J1から降格した松本山雅は、松山市のニンジニアスタジアムで愛媛との開幕戦に臨む。今季から指揮を執る布監督の下、1年でのJ1復帰に向けて勝ち点3をつかんで好発進したい。 J2勢として唯一、ルヴァン・ ……

no image

【西武】源田、27歳誕生日に決意「リーグ3連覇と日本一」

今季から主将を務める西武・源田壮亮内野手が16日、27歳の誕生日を迎え、決意を新たにした。 昨季は右手に死球を受けて、新人から続いていた連続フルイニング出場が299試合で止まった。悔いを残す1年となったが、今季は東京五輪もあり、新主将として臨む2020 ……

no image

DeNA・東、今季登板は絶望的 20日にトミージョン手術

DeNAは9日、東克樹投手(24)が20日に横浜市内の病院で左肘内側側副靭帯再建術(通称、トミー・ジョン手術)を受けることを発表した。 2軍の沖縄・嘉手納キャンプに参加中だった東は1日にブルペン投球を行ったが、3日からは痛みを訴えて別メニュー調整だった。東は1年 ……

no image

大型補強、競争激化 リーグ屈指攻守に層厚く いざJ1、21日開幕 柏レイソル

Jリーグの2020シーズンが21日に開幕する。昨季、圧倒的戦力でJ2を制した柏レイソルは降格から1年でJ1へ復帰。9日にフクダ電子アリーナでJ2千葉と対戦する「ちばぎんカップ」を皮切りに、16日には … 記事全文を読む ❯ ……

no image

山雅の新戦力・MF吉田将也 競争激しい右サイドで勝負

松本山雅は16日までに10人の新戦力を加え、新シーズンに向けて動きだした。さらに複数の外国人選手が加入する見通しで、1年でのJ1復帰に向けてチーム強化が進む。新たに指揮を執る布監督の下、再出発したチームに加わった選手の横顔や決意を紹介する。 ◇ 東京農大 ……

no image

丸の内から「サーフィンの道場」へ 給料半分でも移住

大きくて形のいい波が来た。海につかっていた生田修大(のぶひろ)さん(42)は、タイミングをはかるとボードの上に立ち上がり滑り出した。波の上を横に走る。「サーフィンをしている時は、波のこと以外なにも考えない。それが楽しい」。1年の半分は、朝4時に起きて、サーフィンをし ……

no image

巨人・丸、“5度目の正直”「日本一に」

巨人・丸が6日、自主トレを公開し“5度目の正直”での日本一を誓った。「今まで(広島時代から)日本一になるチャンスが4回あって、4年連続で逃している。何とか日本一になりたいです」。この日は約2時間にわたりキャッチボール、打撃練習などに汗。東京五輪も控える新たな1年 ……

no image

公明・山口代表「選挙に備えを」

公明党の山口那津男代表は6日、東京都内で開いた新春幹部会で、年内の衆院解散をにらみ、選挙準備を始めるよう指示した。衆院議員任期が10月で残り1年になるとして「そうした政治状況の中、衆院選がいつ行われるか。怠らず備えを固めるべきだ」と述べた。 来年夏の東京 ……

no image

大相撲初場所 12日初日 元稀勢の里健在 朝乃山1勝16敗

大相撲初場所(12日初日、東京・両国国技館)に向け、新関脇の朝乃山が5日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋へ出稽古(でげいこ)に行き、荒磯親方(元横綱・稀勢の里)の胸を借りた。 現役引退から1年たっても強烈な荒磯親方の左のおっつけを受け、右四つ得意の朝乃山が ……

no image

早大の7区鈴木と8区太田直、快走でたすきリレー 箱根駅伝

早大7区の1年、鈴木は1学年上の8区太田直にたすきをつなぎ、左手で先輩の背中を力強く押した。太田直は「(鈴木)創士の走りに刺激を受けた。負けたくない」と走り出した。浜松日体高出身コンビが、区間上位の快走で2年ぶりのシード権獲得に貢献した。 シード圏外の12位で ……

no image

箱根駅伝 中央学院大、55秒差ひっくり返されシード権逃す

復路12位スタートの中央学院大は総合11位に終わり、5年連続で獲得していたシード権を逃した。 PR. 6区で1年の武川が区間5位と健闘し、9位に浮上。9区まで10位をキープしていたが、アンカーの石綿が、区間新記録を出した創価大の嶋津に55秒差をひっくり返された。…

no image

[箱根駅伝]粘った青学、東海との差は2分21秒…早大12位に後退

箱根駅伝は復路が午前8時にスタート。山下りの6区(20・8キロ)が始まった。 青学大の谷野航平(4年)、2位国学院大の島崎慎愛(2年)が相次いで走り出した。 逆転優勝を狙う東海大の主将、館沢亨次(4年)は5秒先にスタートした3位の東京国際大・大上颯麻(1年)をスタート ……

no image

<東京2020 ともに輝く> (2)野口啓代 池田雄大コーチ 弱点を直視、迎えた「覚醒」

東京五輪まで1年を切った昨年10月末のことだった。スポーツクライミング女子代表の野口啓代(30)が、苦手のスピードの練習で今までにない動きの良さを見せた。この種目のスペシャリストで、現役選手ながら野口を教える池田雄大(22)はこの日を「啓代さん覚醒デー」と呼ぶ。…

no image

阿部きょうだいが初詣 五輪イヤーに決意新た/柔道

柔道の東京五輪代表を目指す男子66キロ級の阿部一二三、女子52キロ級の詩(ともに日体大)のきょうだいが2日、神戸市兵庫区の三石神社に初詣した。待望の五輪イヤーを迎え「オリンピックで優勝することを考えると本当に楽しみな1年」と意気込む兄に同調するように、妹も「 ……

no image

競泳の萩野「大きな1年になる」

競泳男子の萩野公介(ブリヂストン)や同女子の大橋悠依(イトマン東進)が2日、東京都内で新年最初の練習に臨み、萩野は「どっしり構えて落ち着いて練習できている。大きな1年になる」と、400メートル個人メドレーで連覇が懸かる東京五輪への覚悟を口にした。 昨年、不振で ……