【速報】スポーツ 情報局 | 最新情報 口コミ情報

スポーツ 情報局では、「スポーツ」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 強化 」 一覧

no image

楽天・三木監督“第2先発”で序盤しのぐ「通常より多く中継ぎ入れるのは策の一つ」

楽天の三木監督が、ブルペン陣の強化でシーズン序盤の戦いに挑むプランを明かした。楽天生命パークでの自主練習後にオンライン取材に応じ「通常より1人か2人多く中継ぎ投手を(ベンチに)入れるのは策の一つ」と話した。開幕を見据え、投手陣の負担軽減のために柔軟な起 ……

no image

西武浜屋「任せていただいたところで」フル回転誓う

西武のドラフト2位左腕浜屋将太投手(21)が「どこでも投げる」と心強い意気込みを示した。 この自主練習期間中のテーマを「ウエートトレによる上半身と下半身の強化」に設定しており、14日も平良らとキャッチボール、ウエートなどで汗を流した。ベンチプレス、スクワットで重点的 ……

no image

経営危機の鳥栖がAIに活路、トーレス思考を可視化

経営危機に陥っているJ1鳥栖が、昨夏限りで引退した元スペイン代表FWフェルナンドトーレスの“思考”で強化を図る。8日、AI(人工知能)技術を駆使したシステム開発を手がける「LIGHTz(ライツ、本社・茨城県つくば市)」との「鳥栖モデル」開発を発表。今夏から計画を進め、11月 ……

no image

広島・遠藤 左足鍛え直す「投げ終わりの格好汚いと言われた」

広島の遠藤淳志投手(21)が13日、マツダスタジアムでの時間差分離練習に参加。開幕延期期間を利用し、左足の強化に努めていることを明かした。試合で球数が増えた際など、踏み込んだ左足が沈んで制球が安定しないという課題があった。練習時間が限られた中でも時間を ……

no image

レスリング、代表維持も強化に試練 練習環境整わず―東京五輪

東京五輪でメダル量産の期待を背負う日本レスリング界が、大会の1年延期に苦悩している。日本レスリング協会は女子が最低で金3個、男子も複数の金を目標に強化を進めてきたが、計画は仕切り直しとなった。<下へ続く>. 昨年の世界選手権で日本が獲得した五輪出場枠は ……

no image

年内の2022年向け開発は禁止

次の大規模なF1ルール変更が2022年に延期されたことに加え、モータースポーツ統括団体であるFIAは今年末までマシンの空力開発を全面的に禁止することにした。 ホイール・トゥ・ホイールのバトルや競争力の強化を目指し、F1は2021年に大幅に改定したテクニカル ……

no image

森保監督が五輪退きA代表専念プラン、4月に協議へ

日本代表の森保一監督(51)が、東京オリンピック(五輪)代表の監督から退き、A代表に専念するプランが進んでいることが25日、分かった。 東京五輪が1年程度の延期となったことで、強化の日程上、A代表と五輪代表の兼務が難しくなった。日本サッカー協会は、来月の技術 ……

no image

なでしこの高倉体制を支持 サッカー協会女子委員会

日本サッカー協会は23日、女子日本代表「なでしこジャパン」の強化を担う女子委員会をウェブ上で開き、高倉監督による現体制を支えることを確認した。日本は3月上旬に米国で開催された国際親善大会「シービリーブスカップ」で3連敗を喫していた。 日本協会の今井女子委員 ……

no image

三菱重工、21年シーズンから2チームに再編 現4チームは横浜市と神戸市・高砂市に集約

三菱重工業は19日、社会人野球の三菱日立パワーシステムズ(横浜市)、三菱重工名古屋、三菱重工神戸・高砂、三菱重工広島の4チームを、2021年シーズンから2チームに再編すると発表した。チーム力の強化が目的で、新しい拠点は横浜市と神戸市・高砂市の2か所に ……

no image

DeNA・今永は「ミニキャンプ」 開幕延期で独自調整

2年連続の開幕投手を務めることが決まっているDeNAの今永昇太投手は19日、開幕が延期されたために取り組みの中心を調整から強化へ移したと明かした。ウエートトレーニングは瞬発系より、負荷を高めるメニューに戻し「(段階は)今がキャンプ明けくらいと考えて。…

no image

ジョセフHC「ティア1に勝つレベルに持って行く」

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表を史上初の8強に導き、2023年末まで契約を更新したジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が29日、東京都内で記者会見し、穏やかな口調で今後の強化を語った。 --トップリーグ(TL)に代わる新リーグが2021年秋に ……

no image

【東海S】スマハマ、集中力強化で手応え 高橋亮調教師「だいぶいい動きだったね」

… ◇東海S追い切り(22日、栗東トレセン) スマハマは集中力の強化に努めた。太宰(レースは藤岡佑)が騎乗して栗東・坂路でメイショウクライム(4歳1勝クラス)と併せ馬。5馬身先行から追走馬のプレッシャーを受けながら、馬なりのまま56秒3―12秒3で1馬身先着した。…

no image

強化負担金で不適切対応 福岡県ボクシング連盟

日本ボクシング連盟が各都道府県連盟から集める強化のための負担金に関し、福岡県連盟が高校生の選手らに負担を求めて理事の個人名義の振込口座を使うなど、不適切な対応をしていたことが11日、関係者への取材で分かった。日本連盟は倫理委員会で問題を協議する。…

no image

東洋大11年連続だった表彰台陥落 往路出遅れ響く

東洋大の連続表彰台が、11年連続でストップした。09年以降優勝4度を含めてトップ3を死守していたが、往路の出遅れが響いた。 最後はシード権ぎりぎりの10位でフィニッシュ。酒井監督は「区間新連発の大会だった。チーム全体の強化が必要になる。(けがで)1人抜けると、 ……

no image

<ベガルタ>FW赤崎を獲得

J1仙台は25日、名古屋からFW赤崎秀平(28)=174センチ、70キロ=を完全移籍で獲得したと発表した。ストライカーの補強で得点力の強化を目指す。 鹿児島県出身の赤崎は、ボールを引き出す動きが巧み … 記事全文を読む ❯ ……

no image

西武が通訳募集 契約期間は20年3月~12月

西武はさらなるチームの育成、強化のために、新たに通訳を募集する。 J.スピースが語るマスターズを愛する理由. 採用人数は1人で、雇用形態は業務委託。給与は経験、能力をふまえて決定する。 契約期間は20年3月~12月で、1年ごとの更新となる。 通訳業務だけではなく、 ……

no image

トヨタ、NZ前監督が入団 ラグビー・トップリーグ

トップリーグのトヨタ自動車は2日、ワールドカップ(W杯)日本大会でニュージーランド代表を指揮したスティーブ・ハンセン前監督が、新設の「ディレクター・オブ・ラグビー」に就任したと発表した。コーチや監督として2011年と15年のW杯連覇に貢献した経験を生かし、強化や編成 ……

no image

【いわきFC・JFLへの軌跡】理想の環境…選ばれるチームへ

本格始動4年目で日本フットボールリーグ(JFL)昇格を確実としたいわきFC。チームが取り組むスポーツ科学に基づく身体能力の強化など、選手にとって理想的な環境を備えたいわきは”選ばれるチーム”となりつつある。 「今年は自分たちの力を出し切れた」。JFL昇格が確実と ……

no image

清宮克幸副会長「放映権でリーグを成功させる」 代表強化へプロ化訴え

日本ラグビー協会の清宮克幸副会長は19日、さいたま市でラグビーのプロリーグ構想をテーマにしたトークイベントに出席し、ワールドカップ(W杯)前に長期合宿を実施して8強入りした日本代表を引き合いに出し「同じような強化はこの先できない。レベルの高いリーグをつくり、 ……

no image

東京五輪で遺伝子検査も 反ドーピングでIOC会長

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は5日、ポーランドのカトウィツェで始まった「スポーツのドーピングに関する世界会議」で、東京五輪での違反摘発の強化を目指した遺伝子検査が導入される可能性を明らかにした。世界反ドーピング機関(WADA)に新検査法の承認を ……