【速報】スポーツ 情報局 | 最新情報 口コミ情報

スポーツ 情報局では、「スポーツ」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 判断 」 一覧

no image

朝乃山7月場所へ「感覚を戻しながら」近況明かす

大相撲の新大関の朝乃山(26=高砂)が2日、日本相撲協会を通して、近況を明かした。各師匠の判断となっている接触を伴うぶつかり稽古などはここまで行ってきており、相撲を取る稽古については「昨日から少しずつ取り入れています。ここからまたじっくり体を作っていきたいと ……

no image

ワールドラグビーが、ウイルス感染リスク軽減の一時的ルール変更を提案。

ワールドラグビーが、新型コロナウイルス感染リスクを軽減するための一時的ルール変更を発表した(5月28日)。提案された10のロートライアルの施行については、各国の協会、それぞれの大会の判断に任される。 今回発表したトライアルは、ワールドラグビーが60試合以上の ……

no image

交代枠5人使い切るも長谷部を呼ばず…バイエルン戦での起用見送った監督、理由は「温存」?

【欧州・海外サッカーニュース】フランクフルトMF長谷部誠をバイエルン・ミュンヘン戦で起用しなかったアディ・ヒュッター監督の判断に地元紙が疑問符を投げかけている。 フランクフルトは現地時間23日に行われたブンデスリーガ第27節バイエルン・ミュンヘン戦で2-5の大敗を喫 ……

no image

夏の甲子園中止を機に、高校野球の「死に場所を探す」思考を捨てよ

夏の甲子園の中止が決まった。東京など一部地域でなお緊急事態宣言が続き、多くの高校が休校を続ける状況で、中止の判断はやむをえないのだろう。だが、その決定のプロセス、発表会見の心ない言葉の数々には激しく落胆し、憤りを覚えた。 「高校野球は教育の一環」と言い ……

no image

夏の県大会も中止 県高野連会長「次のステージに向けて準備を」

日本高校野球連盟が、夏の第102回全国選手権大会中止を決めたことを受け、新潟県高等学校野球連盟の富樫信浩会長は「甲子園出場という夢をもって野球に打ち込んできた特に3年生の部員にとっては、諦めきれない判断だと思うが、こうした状況であることを理解して、次の ……

no image

全英女子オープン、6月15日に開催可否判断 昨年大会は渋野日向子が優勝

英テレグラフ紙は6日、女子ゴルフメジャーのAIG全英女子オープン(8月20~23日、ロイヤルトルーンGC)の開催可否について、全米女子プロ協会(LPGA)と主催のR&Aが6月15日に判断を下すと報じた。 昨年大会では渋野日向子(21)=サントリー=が日本人として42年 ……

no image

接触ある稽古は師匠の判断 相撲協会が感染防止策通達

日本相撲協会は4日、新型コロナウイルス感染防止に関し、八角理事長(元横綱北勝海)から各師匠への通達を公表した。出稽古は引き続き禁止とし、相撲を取るなど接触を伴う稽古については自粛を推奨するが、師匠の判断で行う場合は構わない旨が通達された。  ……

no image

芝田山広報部長「感染者が出たから中止、ではない」

日本相撲協会は4日、2週間延期して24日に初日を予定していた大相撲夏場所(東京・両国国技館)の中止を発表した。 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が電話取材に応じた。 -夏場所中止の判断に至った理由は. 芝田山広報部長(以下「芝田山」) 緊急事態 ……

no image

夏場所の開催可否、4日にも判断「動きあると思う」

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は2日、新型コロナウイルス感染拡大で2週間延期が決まっている夏場所(5月24日初日、東京・両国国技館)について、早ければ4日にも開催可否の判断を行う可能性があることを明かした。 政府は同日に緊急事態宣言の延長を ……

no image

ブンデス再開は5月中旬ずれ込む 可否判断を先送り

ドイツ政府と各州は4月30日、新型コロナウイルス感染拡大で中断している1、2部リーグの再開可否についての判断を5月6日に先送りしたと明らかにした。 ブンデスリーガは最短で5月9日に無観客試合による開催準備を整えていたが、シーズンの再開は5月中旬以降に ……

no image

ブンデス再開は決まらず…政府が来週以降に決断延期、再開は5月末か

ブンデスリーガ1部と2部の再開についての決断が来週以降に持ち越された。ドイツ誌『デア・シュピーゲル』が4月30日に報じた。 ドイツ政府と各州政府は4月30日にビデオ会議を実施。ブンデスリーガ再開の判断を下す見込みと報じられたが、決断は来週以降に延期された。…

no image

名古屋が選手に練習場開放へ

名古屋グランパスは30日より選手の自主トレーニングのために練習場があるトヨタスポーツセンターのピッチを開放すると発表した。 クラブによると、選手はこれまで自宅近くで自主トレを実施してきたが、広いピッチで練習したほうがより安心安全な環境を選手に提供できると判断。…

no image

岩手・インターハイ中止決定に選手や競技会場の自治体は

高校スポーツの夏の祭典「インターハイ」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、史上初の「中止」となった。苦渋の判断に岩手県内の選手、関係者も悔しさを滲ませている。東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い、岩手を含む21府県で分散開催される予定だった ……

no image

フリーアナの住吉美紀が肺炎で緊急入院 PCR検査の結果待ち ラジオは休演へ

フリーアナウンサーの住吉美紀が19日、肺炎のため緊急入院した。所属事務所が同日、公式ウェブサイトで発表した。医師の判断により、PCR検査を受け、結果を待っている状態としている。 同事務所のプレスリリースによると、住吉アナは16日に発熱し、その後も高熱が続い ……

no image

鹿児島が18日から活動休止へ…指揮官「今の状況をしっかり受け止めて」

鹿児島ユナイテッドFCは17日、全国に発令された緊急事態宣言を受け、選手やスタッフ、その家族の感染予防のため、18日からトップチームの活動を休止すること発表した。 活動再開の時期については、政府の見解や自治体の要請内容、感染症の発生状況などを鑑みて判断 ……

no image

全米オープンの開催可否、6月にも判断/テニス

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、テニスの四大大会、全米オープンの開催可否について、米国テニス協会の最高責任者は6月にも判断を下すとの意向を16日に示した。無観客での開催は「考えにくい」と否定的だった。 大会は8月24日に予選が始まる予定。…

no image

中日田島が右肘靱帯再建手術、今季絶望も球団に感謝

中日田島慎二投手(30)が今月中旬に右肘の靱帯(じんたい)再建手術(トミー・ジョン手術)を受けることが11日までに分かった。 加藤球団代表は「ドクターの診断も手術という判断で、本人もしたいというので尊重した」と説明。リハビリなどで今季の登板は絶望的だが、田島も「 ……

no image

年に一度の楽しみが…パ・リーグの地方球場12試合が変更に コロナ対策困難、セも検討中

パ・リーグは8日、地方球場で開催予定だった今季12試合の球場変更を発表した。新型コロナウイルスの影響で複数の感染防止策が求められており、各球団は地方球場での対策徹底は困難と判断。セ・リーグ各球団も同様の変更を検討中で、今季予定されていた地方開催39 ……

no image

たんぽぽ白鳥久美子コロナ感染 川村エミコ自宅待機

お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(38)が新型コロナウイルス感染したと8日、所属するホリプロが文書で発表した。 先月29日に嗅覚に異変を感じたが、アレルギー性鼻炎のために症状の判断がつかなかったという。今月3日に親しい知人が新型コロナウイルス陽性と診断 ……

no image

楽天・則本昂大「魂の投球見せたい」 開幕再延期でも士気保つ

楽天の則本昂大投手は4日、新型コロナウイルス感染拡大で開幕が再延期されたことに「現状では仕方のない判断だと思う。心身の調整は難しい部分もあるが、なるようにしかならない。野球ができる環境のありがたみをすごく感じている」と球団広報を通じてコメントした。 チームは ……