【速報】スポーツ 情報局 | 最新情報 口コミ情報

スポーツ 情報局では、「スポーツ」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 県 」 一覧

no image

“新サカスタ”の基本計画に同意 県など4者会談 24年オープンへ /広島

J1・サンフレッチェ広島の新たな本拠地となるサッカースタジアムについて、県、広島市、広島商工会議所、サンフレッチェの4者は30日に開いたトップ会談で、市が示した建設基本計画案に同意した。中区の中央公園広場に3万人を収容できるスタジアムを建て、2024年の ……

no image

群馬・山本知事「延期にとどめ評価」 聖火リレー中止も渋川・高木市長「状況克服し盛大に」

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた2020年東京五輪・パラリンピックの延期と国内聖火リレーの中止決定を受け、群馬県は25日、聖火リレーの沿道の安全管理などを担うボランティア約1800人への通知を始めた。聖火リレーの実施時期のめどは立っていないが、県 ……

no image

東京五輪延期 聖火リレー延期で県・関係市町村、道路規制の看板撤去 /群馬

東京オリンピック・パラリンピックの延期を受け、県内で31日と4月1日に予定されていた聖火リレーも延期が決まった。県や関係市町村の担当者は25日から、当日の道路規制のために設置していた立て看板を撤去した。 東京大会と聖火リレーの延期を受け、山本一太知事は25 ……

no image

五輪延期 中止回避を歓迎 競技会場、対応に追われ /静岡

中止でなくて良かった」――。新型コロナウイルスの感染拡大で、東京オリンピック・パラリンピックが延期されたことを受け、25日、県や自転車競技の会場がある伊豆市などは対応に追われた。首長たちからは延期を歓迎する声とともに、今後の課題も挙げられた。 川勝平太知事 ……

no image

五輪カウントダウンボード あと121日「リセット」 宮城県庁内の表示消える

東京五輪の延期を受け、宮城県は25日、開幕予定だった7月24日までの残日数を表示する県庁1階ロビーのカウントダウンボードの電源を切った。五輪まで「121日」、パラリンピックまで「153日」の表示が消えた。 県の職員が機器のコンセントを外し、一時停止を知らせる文書を ……

no image

国体炬火トーチのデザイン 最優秀賞に津のデザイナー・鈴木真梨子さん /三重

2021年に開催される三重とこわか国体・三重とこわか大会に向け、県が募集した炬火(きょか)トーチのデザインの入賞者が決まった。最優秀賞には津市のデザイナー、鈴木真梨子さん(36)の作品が選ばれ、県庁で23日、優秀賞の2人とともに表彰を受けた。 募集は、県に ……

no image

サイクリングルート全通 県横断「うみなみロード」境港-米子、弓ケ浜コース完成 /鳥取

境夢みなとターミナル(境港市)と皆生温泉(米子市)を結ぶ「白砂青松の弓ケ浜サイクリングコース」(15・8キロ)が22日、全線開通した。これに伴い岩美町(JR東浜駅)まで県を横断する「とっとり横断サイクリングルート」(約140キロ)が全線でつながった。また公募の結果、ルート ……

no image

埼玉副知事、新型コロナ陽性の田嶋会長と面会 23日まで出勤自粛

埼玉県の飯島寛副知事は18日、新型コロナウイルス検査で陽性だった日本サッカー協会の田嶋幸三会長と面会していたとして、23日まで出勤を自粛すると決めた。大野元裕知事が県庁で記者団に明らかにした。 県によると、飯島副知事は10日に東京都内で開催されたラグビー ……

no image

聖火ランナー走行市町決まる 県選出、瀬古さんら53人

県は七日、来月八、九両日に県内を走る東京五輪聖火リレーで、県が選出したランナー計五十三人が走るそれぞれの市町を発表した。 県内を走る聖火リレーには、県実行委員会が参加を依頼した著名人やスポーツ関係者らの推薦枠二十四人と公募から選出した二十九人、 ……

no image

国体開催は五輪状況で判断

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は3日の県議会一般質問で、10月の鹿児島国体と全国障害者スポーツ大会の開催の可否について、東京五輪・パラリンピックの準備状況などを踏まえて判断することを明らかにした。 自民党の向井俊夫県議の質問に対し、中堂薗哲郎・ ……

no image

スキー国体、富山で開幕 宮城県選手団「前年超える」

第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会が16日、富山県南砺市で開幕した。宮城県選手団が同市の福野体育館であった開始式に臨み、上位入賞を誓った。 大回転少年男子の小野寺渓(大崎中央高3年)が、県選手団48人を代表して旗手となり入場行進。他の選手と県 ……

no image

「なでしこ」に福島県産GAP農産物 強化合宿のチーム激励

高倉麻子監督(福島市出身)率いるサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は15日、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)で代表候補による強化合宿を行い、菅沢優衣香(浦和、JFAアカデミー福島出身)ら23選手が午前と午後の2部練習で汗を流した。 県は15日、サッカー女子日本 ……

no image

聖火ランナー ラグビー稲垣選手ら3人追加発表 /神奈川

県は13日、今夏の東京五輪の聖火リレーで県内を走る聖火ランナー3人を追加発表した。ラグビー日本代表の稲垣啓太選手(29)や宝塚歌劇団雪組トップスターの望海風斗さんら県ゆかりの3人が選ばれ、県実行委選出分の68人が出そろった。 昨秋のラグビー・ワールド ……

no image

県内の通過時刻決定 五輪聖火リレー

東京五輪の聖火リレーについて、県は13日、県内各市町村での実施時刻を発表した。県内の聖火リレーは6月3日に小矢部市をスタートして県西部を巡り、高岡市へ。同月4日は聖火をランタンに入れて朝日町に移動し … 記事全文を読む ❯ ……

no image

宮城、介護職の週休3日制目指す

宮城県は13日、県内の介護施設で働く職員の週休3日制実現を目指し、勤務の効率化を支援する方針を発表した。働き方改革を進め、人材を確保する狙い。県によると、自治体では全国初の取り組みだという。 2020年度にモデル事業として5施設程度で実施。県が契約した民間 ……

no image

双葉町を聖火ルートに追加 東京五輪、組織委が発表

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、五輪聖火リレーのルートに福島県双葉町を追加すると発表した。東京電力福島第1原発事故による全町避難指示が一部地域で解除されることを受け、復興のPRになるとして県が組織委に追加を要望していた。…

no image

2026年アジア大会のエンブレム案を公表 25日まで意見募集

愛知県内を中心に2026年に開かれるアジア競技大会に向け、県と名古屋市などでつくる組織委員会は10日、大会エンブレムの六つのデザイン案を公表した。最終審査の参考とするため、25日午後5時まで一般の意見を募集する。 エンブレム公募には八百八十四点の応募が ……

no image

松井浩亮選手に「県スポーツ賞」 競泳W杯2位 /新潟

県は4日、2019年10月にドイツ・ベルリンであった競泳ワールドカップ(W杯)の50メートル自由形で、2位に入賞した新潟医療福祉大の松井浩亮選手(25)に「県スポーツ賞」を贈った。松井選手はこの日県庁を訪れ、佐久間豊副知事から表彰状を受け取った。 賞は県が1991年 ……

no image

新潟県産のスギ 五輪選手村支える

東京五輪・パラリンピックの選手らの交流施設「選手村ビレッジプラザ」(東京都中央区晴海)で29日、木材を提供した新潟県などの自治体関係者を招いた式典と内覧会が開かれた。環境に配慮し、全国のスギやヒノキ、カラマツなどを使用した木造建築だ。県と7市町村(柏崎市、 ……

no image

五輪聖火リレーに双葉町追加を、福島県が要請へ…避難指示解除で「環境整う」

東京五輪の聖火リレーの出発地となる福島県は、東京電力福島第一原発事故の避難指示が3月4日に一部で解除される同県双葉町を、聖火リレーのルートに組み込むよう大会組織委員会に要請する方針を決めた。 同町は全域が避難指示区域。県はこれまで「環境が整えば、 ……