【速報】スポーツ 情報局 | 最新情報 口コミ情報

スポーツ 情報局では、「スポーツ」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 気持ち 」 一覧

no image

プロ野球 練習試合 ソフトバンクのムーア、まずまず2失点

ソフトバンクのムーアは四回途中2失点でまずまずの仕上がり。三回に阪神・糸井に2ランを浴びたが、要所でコースを突き2安打にとどめた。5月下旬の紅白戦は打ち込まれていたが「自然と気持ちも入ってくる」との言葉通り、味方打線には投げにくい内角も丹念に攻めた。…

no image

新人吉田喜、力で押す プロ野球・ヤクルト

ヤクルトのドラフト2位新人、吉田喜(日体大)は五回から2番手で登板し、2回無失点。変化球が抜けることもあったが、力で押した。「しっかり腕を振って、攻める気持ちを忘れずに投げた」とうなずいた。<下へ続く>. 即戦力として期待される右腕。一時期コンディションを崩したが、 ……

no image

阪神糸井V打にガッツポーズ「ワンテンポ遅かった」

阪神糸井嘉男外野手が貴重な適時打を放った。5回の第3打席、無死一、二塁からしぶとく中前へ運び、結果的にこれが決勝点。 久々の対外試合に「気持ちの入り方も違うし、久しぶりに試合の感覚を味わえて良かった」と広報の代理取材に答えた。適時打の際に見せたガッツ ……

no image

楽天三木監督「まずはオリックスとしっかり勝負」

楽天三木肇監督(43)が1日、今季日程の一部発表を受け、気持ちを新たにした。 19日からの開幕カードはオリックスに決定。球団を通じてコメントを発表し「今年のパ・リーグは力のあるチーム、また実力の高い選手がたくさんそろっているので、しっかり戦っていかなければと ……

no image

高卒2年目沼田が支配下昇格 今年の巨人ドラフトは育成多め

はい上がる気持ちでやってきた。その気持ちは忘れない」 巨人は5月31日、育成選手・沼田翔平(19)の支配下登録を発表した。沼田は紅白戦が行われた東京ドームで原監督と会見を行い、端正なマスクを崩した。 旭川大高から2… ←; 1; 2 · →. 1 / 2. line · Twitter ……

no image

広島・九里 開幕ローテ入りへ本拠で調整「自分の球を投げることを第一に」

開幕ローテーション入りを目指す広島の九里がマツダスタジアムで調整した。 0:00. 2日から始まる阪神との練習試合登板に向け「抑えたい気持ちが強くて完璧を求め過ぎても、良くない部分しか出てこない。完璧を求め過ぎず、自分の球を投げることを第一に」と気負いはなかった ……

no image

中日高橋「気持ち高く持って」無観客の気の緩み警戒

中日のキャプテン高橋周平内野手が無観客試合で気の緩みを警戒した。3月のオープン戦と練習試合で経験済みでも「一番そこが難しい。より一層自分の気持ちを高く持って、気を引き締めてやっていかないといけない」。 ナゴヤドームでの練習を21日に再開して紅白戦も2試合を ……

no image

巨人・石川 フリー打撃で汗 開幕へピッチ上げる「スイッチが入りました」

巨人・石川慎吾外野手(27)が28日、東京ドームでの1軍練習に参加し、キャッチボールやフリー打撃などで汗を流した。 0:00. 開幕まで「いつかな、いつかなという気持ちで過ごしてきました」という石川。開幕日の6月19日に向けて「もう一つ、スイッチが入りました」と話し、調整の ……

no image

日本ハム石川直也「もちろん抑え」守護神奪取宣言

守護神は俺だ。日本ハム石川直也投手(23)が27日、千葉・鎌ケ谷でのチーム練習後、オンライン取材に応対し、同じポジションを争う先輩からクローザー奪取を宣言した。「去年は秋吉さんがやっていたのでもちろん奪う気持ちでいます」と、抑え投手への強い意欲を口にした。…

no image

【野球がぜんぶ教えてくれた 田尾安志】どんな状況下でも努力はできる

新型コロナウイルス感染の影響で、高校野球は春の選抜に続いて夏の選手権も中止となった。選抜で代表校となりながら、甲子園でプレーできなかった球児たちは、夏に向けて気持ちを切り替えていたはず。鬱憤を晴らす機会も奪われ、相当なショックだろう。しかし慰めるのでは ……

no image

〈県中学総体中止〉県中体連、集大成の場模索

佐賀県中学校総合体育大会(県中学総体)の中止が26日、発表された。全国、九州に続き、中止という苦渋の決断を下した県中学校体育連盟は、集大成の場を設けるために今後も努力を続けることを約束。生徒や指導者は、地区大会や代替大会開催を信じて気持ちを切り替え ……

no image

昨季12発中6発“神宮男”の真価発揮だ!中日・堂上直倫、開幕戦から「スタートダッシュ」目指す

中日・堂上直倫内野手(31)が26日、ナゴヤドームでの練習に参加。神宮でのヤクルト戦とみられる6月19日の開幕戦に向けて「自分がベストで臨めることだけ」と気持ちを引き締めた。 この日のシート打撃では3度の打席で2打数1安打1四球。三直、四球で迎えた第3打席は1 ……

no image

DeNA山崎「気の持ちよう変化」6・19開幕決定

DeNA守護神の山崎康晃投手(27)が26日、横浜スタジアムでの1軍練習後にオンライン取材に対応した。 6月19日の開幕が決定したことに「気持ちの持ちようは全然変わってきます。明るい目標ができたことで、より一層、練習に取り組む姿勢、気持ちが新たにできる」と話した。…

no image

中日加藤「去年は引っ張ってもらった」大野と勝つ

中日6年目の加藤匠馬捕手が2年連続の開幕マスクへ気持ちを引き締めた。シート打撃では開幕投手の大野雄とバッテリー。 「去年、最後まで組んだのは大野さんだけ。去年は引っ張ってもらっただけ。去年より勝てるようにしたい。1軍にも2軍にもライバルはいる。勝って試合に出 ……

no image

宗教の垣根越え「命の鐘」 医療従事者へ感謝

新型コロナウイルス治療などにあたる医療従事者への感謝の気持ちを示すため、24日夜、全国で鐘の音が響いた。 24日午後7時、東京都内の教会で鳴らされていたのは、医療従事者への感謝の気持ちを込めた「命の鐘」。 この取り組みは、日本青年会議所が企画したもの ……

no image

朝乃山「焦らずしっかりいい準備を」中止の夏場所初日に心境

大相撲の新大関朝乃山が新型コロナウイルス感染拡大で中止となった夏場所初日の予定だった24日、書面取材に応じ「早く土俵に立ちたい気持ちはあるが、焦らずにしっかりといい準備をしていきたい」と心境を打ち明けた。右四つが得意な正統派は看板力士として初の晴れ ……

no image

川崎F安藤&藤嶋、アカデミー生とGK交流会を実施

J1川崎フロンターレは24日、GK安藤駿介とGK藤嶋栄介の両GKが、川崎FのU-18(18歳以下)からU13(同13歳以下)に所属する全GK20人とオンライン上で交流会を実施した。 新型コロナウイルス感染拡大により活動休止中のアカデミー生に、少しでも前向きな気持ちになっ ……

no image

BC新潟小野「今季ダメなら引退」NPB入りへ覚悟

プロ野球独立リーグ、BC新潟は24日、長岡市内の野球場で練習した。3年目の小野竜世投手(24)はブルペンで気持ちの入った投球を見せた。父和義さん(54=西武編成担当)は、近鉄などで活躍した左腕投手。父と同じNPB入りへ、現役引退を懸けて6月中旬以降に開幕予定 ……

no image

駅スタ 照明でより青く

鳥栖市の駅前不動産スタジアムが日没から午後10時にかけてブルーにライトアップされている。新型コロナウイルス感染症に最前線で対処する医師や看護師らに感謝の気持ちを伝える取り組みで、8月末までJR鳥栖駅側をライトアップする。 ライブハウスや屋外イベントの照明を ……

no image

DeNA中井、チーム練習が再開し「引き締まる」

DeNA中井大介内野手が“戦闘服”に身を包んだ。ユニホームでのチーム練習が再開し「練習のレベルは1つ上がったのかなと思います。ユニホームを着ることで気持ちの部分でも引き締まる感じはあります」と話した。 今後は実戦的なメニューも加わっていく。「自分の技術的な部分 ……